女性のFAGA治療についてのまとめと備忘録①!

女性の薄毛の原因である「FAGA」についてのまとめ。

 

FAGA=女性男性型脱毛症と呼ばれ、AGA=男性型脱毛症の

女性版と言えます。

 

FAGAの原因とか・・・

 

◯遺伝的要素

男性のAGAは、母方の祖父からの隔世遺伝を受ける

可能性が高いと言われています。

 

女性の場合も、遺伝的な影響は受けるようですが、

男性同様、遺伝要素が高くても必ず発症するものでなはなく、

後天的な生活週間や、食生活などに左右されることが多い。

スポンサーリンク

 

◯ホルモンの関与

女性の場合も、男性ホルモンが関与しているのは

間違いなさそうですが、、、

 

直接の引き金は、加齢などにより更年期を迎えると、

女性ホルモンの分泌が減り、このため男性ホルモンが

優位に立つからだと言われています。

 

FAGAの特徴

 

◯毛髪の抜け方

男性のように、前頭部、頭頂部の毛髪が軟毛化して

抜けていく感じではなく、、、

 

頭頂部から抜け毛が始まる事は似ていますが、

全ての毛髪が完全に抜けてしまうことはあまりなく、

徐々に薄くなっていく感じ、、、

 

髪の毛は残っているのに、地肌が透けて見える。

 

FAGAの治療方法

 

◯AGA薬は使用不可

男性が使用するAGA薬としてお馴染みの、

フィナステリド系プロペシアや、デュタステリド系

アボルブなどのAGA抑制薬は、、、

 

閉経前の女性、特に妊娠されている方にとっては

禁忌薬とされていて、胎児が男児の場合、

生殖機能に重大な障害が出る可能性が謳われています。

 

女性は服用、手で触ることも禁止。

 

閉経後は、服用しても問題はないようですが、

元々、5αリダクターゼⅡ型還元酵素の影響を受けていないと

みられるため、飲んでも効かないです。

 

◯FAGA遺伝子検査

男性のAGA遺伝子検査と同じく、遺伝的要素を

調べることで、現在の脱毛症の原因を特定することが可能。

 

これにより、治療薬を選びやすくなります。

 

◯FAGA抑制薬

上記でFAGAのリスクが高い場合、女性男性型脱毛症が

疑われ、パントスチンなどのFAGA抑制薬の使用が

有効なのが分かります。

 

毛髪の抜け具合からも、ある程度判別は可能ですが、

万全を期すことで、必要のない治療薬を使わなくてすみ、

治療費の節約にもつながります。

 

◯発毛薬

上記のパントスチンでFAGAを抑え、

ミノキシジルなどの発毛薬や、育毛剤(養毛剤)などで

毛髪を増やし、育てることが有効だとされています。

 

※女性用ロゲインなど

 

などなどですか・・・^^;

 

個人で調べたものなので、絶対コレとは言い切れませんが、

ある程度は、FAGAの治療に役に立つかなって思います^^

 

参考までに!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

男性のAGA・抜け毛対策に!

スポンサードリンク

このページの先頭へ