エクオールは産後の抜け毛に効果あり?イソフラボンと何が違う?

「エクオール」なるものが最近人気?

みたいなので、どんなものか調べてみました^^

 

ちょいと前にTV番組で特集された、

「世界一受けたい授業」

「NHK・腸内フローラ解明・驚異の最近パワー」

ってやつで、紹介されて火がついたみたいですね。

 

で、詳しく探ってみると・・・

大豆食品に含まれる「イソフラボン」に含まれている

栄養素らしく、、、

 

その中の「ダイゼイン」というものが、

腸に常在している、ある種の腸内菌と結びつくことで、

「エクオール」に変化するというもの。

 

ある種の腸内菌と書いたのは、

特定の腸内菌でしか、このエクオールを生成できないかららしく、、、

 

生まれつきというよりも、普段の食生活に左右される

っぽいですね。

 

だから、今まで生成できててたとしても、

できなくなる可能性もあるという感じでしょうか?

 

ちなみに、

日本人だと、約50%前後

欧米人だと、約30%前後

らしいです。

 

人種によって、生成できる割合が違うことから・・・

やはり、食文化に左右れるんでしょうね。

 

アジア系は大豆食品をよく食べますから^^;

エクオールの効果とは?

効果って言うのもアレですが、、、

 

トータルすると、アンチエイジングって言ったらいいでしょうか?

 

今までだと、イソフラボンには女性ホルモンの働きがあり、

特に産後の抜け毛や薄毛などの、「分娩後脱毛症」が

始まる時期に摂ると良いってされたましたが、、、

 

掘り下げると、「エクオール」が関与していたのかも知れませんね。

 

今までは、ひっくるめてイソフラボンって言ってましたけど、

一番、女性ホルモンである「エストロゲン」に似た働きを

持っているのは、コレらしいですから。。。

 

ということは、加齢による女性ホルモンの分泌低下が

原因で起こるとされている、更年期障害や、お肌の老化、

FAGAなどの抜け毛にも、一役買ってくれる可能性もありますね^^

 

ということは、今まで同じようにイソフラボンを摂ってても、

人によって効果が様々だったのは、、、

 

こういった腸内菌の存在が大きかったということでしょうか?

※あくまでも個人の仮説です

 

で、最後に、問題点は・・・

体内で生成できるか否か、、、ということになりますが^^;

 

コレについては、、、

「ソイチェック」なるモノを発見しました。

 

コレは、大豆系食品(イソフラボン)を摂取した場合、

腸内で「エクオール」を生成できる可能性を、

パーセンテージで表してくれるもの。

 

簡単なキットになってて、遺伝子検査キットみたいに、

検査結果が送り返されてくるみたいです。

 

それと、大塚製薬さんから「エクエル」という、

あらかじめ大豆を乳酸菌で発酵させて作ったサプリと、

小林製薬さんの「エクオール」っていうエクオールサプリメントが発売されています^^

 

体内で作れない人は、コレを飲めば解決ですよね(笑)

 

これは、全国の薬局で取り扱っているところもありますが、、、

見たところ、ドラッグストアにはなさそうな感じも。。。

念のため⇒ エクエル取り扱い店舗

 

また・・・

お近くのドラッグストアや薬局で手に入らない場合や、

探しに行くのが面倒な場合は通販で購入できますよ!

 

小林製薬の「エクオール」↓

 

大塚製薬の「エクエル」↓

 

ソイチェックはこんなものです↓

 

ご参考までに。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

男性のAGA・抜け毛対策に!

スポンサードリンク

このページの先頭へ