女性ホルモンを増やすと薄毛や抜け毛が減る?ハゲも治る?

男性(女性)の薄毛や抜け毛の原因で、一番多いのはAGA(男性型脱毛症)だと言われています。

※女性の薄毛・抜け毛はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます

 

日本人の男性・女性(年齢問わず)が、何らかの原因で頭部の脱毛症が見られる方の数は4000万人とも言われてますし、、、

 

この中で、薄毛に悩みを抱いている方の数は、1000万人とも1200万人とも言われています。。

 

もはや他人ごとではなく・・・明日は我が身って感じですね。。。

 

で、この中で一番多いとされているのがAGA(男性型脱毛症)で、、、

 

主に、遺伝による要素が高いとされていますが、その要因が色濃くあった場合、思春期以降(10代後半~)であれば年齢を問わず発症率は高まります。

スポンサーリンク

 

昔は30代~40代の発症率が高いってされてましたけど、今は若年層でも多いらしいですね^^;

 

※AGA因子を持っていた場合、発症率は30%ほどになるようです

 

AGA予防や治療には何が効果的なのか?

 

そもそもAGAは進行型だそうで、ハゲないためにはプロペシアやアボルブなどの「AGA抑制薬」を、生涯に渡って飲み続ける必要があるとされていますが、、、

 

それ以外に女性ホルモンを増やすというか・・・

女性ホルモンで男性ホルモンを抑制するという方法はどうなのか?

 

女性ホルモンといえば・・・いわゆる「エストロゲン」や「プロゲステロン」っていうやつですが。。。

 

女性の更年期障害などの改善にも役立つ?「命の母A」などの女性のお薬がありますが、そういったものを男性が飲んだらどうなるんでしょう?

 

で、またまた調べてみました、いろいろと・・・^^;

 

小林製薬の「命の母A」は、男性が飲んでも問題はないようですが、、、

飲んだからといって、薄毛や抜け毛が解消されるとは・・・?みたい^^;

 

むしろ懸念されるのは、、、男性の女性化ですね。。。

 

胸が出てきたとか・・・

体つきに丸みが出てきたとか・・・

^^;

 

なにがしかの病気を患っている場合などに、男性でも女性ホルモンが投与されることはあるようですが、薄毛治療には向かないかも^^

 

ただ、女性の薄毛改善にはいいのかな?って感じはします。。

薬事法に触れるんで、はっきりと効果があるとは言い切れませんし、書かれてませんけどね^^;

 

で、話を戻すと・・・

 

男性の場合も、女性ホルモンが髪の毛に与える影響は結構大きいみたいなので、、、

 

摂取するのなら、直接女性ホルモンを入れるんじゃなくて、間接的に「イソフラボン」(大豆に含まれる成分)などを食事から摂ったり、サプリなどで補うといいかもしれません。

 

元々、男性の体内でも女性ホルモンの生産が行われていますから、材料を取り込んでやると、必要な分だけ生産してくれるでしょう^^;

 

ここに、唐辛子などに含まれる「カプサイシン」も加えると、、、

有名な、IGF-1理論(インスリン様成長因子)による、薄毛治療につながりますからね^^

 

で、結局なにが言いたかったのかというと・・・

 

女性ホルモンは、男性の毛髪にとっても欠かせないものであるが、

直接の摂取はオススメできません。。

 

間接的に食事やサプリなどで補い、体内で自力で生み出しましょう。。

ということです。

 

これにより、AGA薬ほどの効果はなくても、脱毛症予防に何らかの影響を与えてくれるかも知れませんよ^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

男性のAGA・抜け毛対策に!

スポンサードリンク

このページの先頭へ