男性用育毛剤と女性用育毛剤の違いって?効果はどうなの?

市販・通販されている育毛剤は沢山ありますが、

そのほとんどが男性用と女性用にわかれていますよね?

 

※中には男女兼用の育毛剤もあることありますが・・・

 

ここでは、

プロペシアなどのAGA抑制薬や、ミノキシジルなどの

発毛薬、パントスチンやパントガールなどの薬系を除き、、、

 

さらに、

病気が原因となる「円形脱毛症」や「薬の副作用」などの

脱毛症を除いて考えてみます。

スポンサーリンク

脱毛症の種類から考えると・・・

毛髪の脱毛症の種類自体は、女性のほうが多いように思えます。

 

病気系を除いてしまうと、、、

 

男性の場合だと・・・

ほとんどが、AGA「男性型脱毛症」ですが。。。

 

女性の場合だと・・・

一番多いとされる「FAGA(女性男性型脱毛症)」や

「慢性休止型脱毛症(びまん性脱毛症)」「分娩後脱毛症」

「牽引性脱毛症」「鉄欠乏症貧血による脱毛症」

「甲状腺機能低下による脱毛症」などなど。。。

 

脱毛症の種類一つとっても、相当多いんですよね^^;

 

で、

脱毛症の原因から考えると・・・

男性の場合は「男性ホルモン」

女性の場合は「女性ホルモン」

が主な原因。

 

AGAとFAGAのハゲ方から見ても・・・

 

全く違ってて、、、

男性の多くは、前頭部・頭頂部から徐々に進行し、

軟毛化した毛が、最終的にツルツルになるのの対し、、、

 

女性は、抜け毛が始まる場所は、ほぼ同じですが、

完全に髪の毛がなくなるというよりも、軟毛化した

髪の毛が徐々に減っていき、、、

 

最終的に、スケスケにはなるものの、完全にハゲあがることは稀です。

 

また、

びまん性脱毛症の場合は、硬毛が抜けていき、頭部全体の毛が

まばらになるもので、男性には見られない型ですしね。

 

結果・・・

男性育毛剤は、AGAの進行とともに、ダメージを受けた毛根が

死んでしまう感じ、、、

 

だから、育毛効果を求めるよりも発毛促進効果が必要で、

男性用育毛剤には、そのエッセンスが豊富に使われている。

 

女性用育毛剤は、どのタイプの脱毛症をとっても、

完全に毛髪を失うものは少なく、、、

 

残った毛髪を育ててやる要素が必要なので、

生き残った毛根や毛髪に栄養を与えるエッセンスが、

豊富に使われているんだと思われます。

m(__)m

 

男女兼用の育毛剤は別として、

男女別で売られている育毛剤はやはり、、、

 

性別にあった、必要な栄養素が配合されているみたいなので、

使うことで何か問題が起こることはなさそうですが、、、

 

あまり効果は望めないように思えますね^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

男性のAGA・抜け毛対策に!

スポンサードリンク

このページの先頭へ