AGA・育毛関連用語集

AGA治療や育毛(発毛)、毛髪再生治療などに

よく使用されている用語を、簡単(とは言えませんが)に

説明しています^^

 

自分なりに受け取っているので、多少意味合いが

違った場合はすいませんm(__)m

 


○AGA

Androgenetic Alopecia(男性型脱毛症)

 


○FAGA

Female  Androgenetic Alopecia(女性男性型脱毛症)

 


○AGA検査

アンドロゲンレセプター検査。

男性型脱毛症(AGA)や、女性男性型脱毛症(FAGA)などを

引き起こす原因である、DHTの影響を受けやすい体質か

どうかを判断し、数値化するもの。

 


○5α-リダクターゼ

男性ホルモンであるテストステロンが、血中で細胞内に入ると、

5α-リダクターゼ酵素によって、DHT(ジヒドロテストステロン)変わり、

男性ホルモンレセプターと結合し、毛根(毛包)に置いて、

男性型脱毛症を誘発、Ⅰ型とⅡ型に分けられる。

 


○DHT(ジヒドロテストステロン)

男性ホルモン(テストステロン)が、5α-リダクターゼと結合し、

変化したもの。

 


○IGF-1

インスリン様成長因子-1のこと。

人間の肉体全て(毛髪、骨の成長、老化防止、etc)に

関与する成長因子の一つ。

 


○アンドロゲンレセプター

男性ホルモンのテストステロンや、ジヒドロテストステロンを

受け取る側、受容体のこと。

 


○グロースファクター再生療法

薄毛の要因としてあげられる、成長因子に目を向けた

毛髪再生医療の一つ。

毛根に直接成長因子を注入し、毛髪再生や育毛(発毛)を

促す治療行為のこと。

 


○ハミルトン・ノーウッド分類

J・BハミルトンとOT・ノーウッドが考えだし、男性型脱毛症の進行を

段階的に分けた表。

日本では、コレに多少手心が加えられた「高島分類」を

使用することが多いです。

 


○円形脱毛症

年齢に関わらず発症する脱毛症。

免疫疾患や強いストレスなど、色々と言われていますが、

いまいち原因がはっきりしない脱毛症の一つ。

「単発型」「多発型」「全頭型」その他、脱毛症の型が豊富にあるのが特徴。

 


○HARG(ハーグ)療法

毛髪再生医療の一つ。

ヒト幹細胞から抽出した栄養素を、直接頭皮に注入する医療行為。

 


 ○フィナステリド

AGA治療薬として有名で、育毛サロンやクリニックなどでも

処方される薬の成分。

Ⅱ型・5α-リダクターゼを抑制するもので、「プロペシア」などが有名。

 


○デュタステリド

AGA治療薬の一つで、クリニック等でも処方されるもの。

有効成分「デュタステリド」は、Ⅰ型・Ⅱ型両方の5α-リダクターゼを

抑制する働きを持ち、フィナステリド系よりも強力とされる。

 


○ジェネリック薬

後発医薬品のこと。

後発医薬品は、正規品の特許が切れた場合、

その有効成分を元に、安価なものを製造販売

できるというもの。

 

特許に対しての法が整備されていない?

「インド」などでは、ED薬やAGA薬なども、

その主成分を使用し、安価に製造販売されていますけどね。。

 


○グラフト

グラフトとは、自毛植毛に使われる言葉で、

毛髪1本、1本ではなく毛包ごとの単位になります。

 

「ブロックグラフト」「ユニットグラフト」「シングルグラフト」

或いは「マイクログラフト」「ミニグラフト」

などに分けられ、植毛する範囲(面積)によって

使い分けられます。

 

自毛植毛の場合、このグラフト単位で

治療費が変わっていきますね。

 


 

サブコンテンツ

男性のAGA・抜け毛対策に!

スポンサードリンク

このページの先頭へ