自毛植毛した毛は抜けない?AGAの影響を受けないの?

一旦、植毛した自毛は抜けないのか?

 

AGAの影響を受けて再び抜けてしまうことはないのか?

調べてみました^^;

 

と、その前に少しおさらいしてみますと・・・

 

自毛植毛の最大のメリットは、植毛した毛が

正しい毛髪サイクルを刻むようになり、増え続けるというか、、、

繰り返し生える(成長する)ってことですよね^^

スポンサーリンク

 

デメリットは・・・

FUT法などの、ドナー(毛包単位の植毛する毛)を

毛の残った部分から切り出して来るタイプや、、、

 

FUE法などの、ドナーを切らずに専用の機器を使って、

採取してくるタイプ、、、

 

そのどちらにしろ、傷跡や採取した部分に何らかの

痕が残るということと、、グラフト(植毛株の単位)によって

かなり高額になるという点。。。

 

ですよね^^;

 

でわ、、、

 

一旦、植毛したそれらの自毛は、後々AGAの影響を受けて、

同じように抜けてしまわないのか?という点はどうなのか?

 

この部分が疑問だったんです、私^^;

 

自毛植毛はAGAの影響を受けない?

 

で、それを調べてたら、、、

ありました、クリニックサイトの中にその疑問を

薙ぎ払ってくれる一文が^^

 

つまりこういうこと・・・

 

ドナーとして採取する部分の自毛は、元々AGAの影響を

受けにくい場所にある毛なので、、、

 

移植によって移動した場合も、後々AGAの影響を

受けにくい。

 

ってこと。。。

 

特に男性型脱毛症の場合は、その遺伝子情報に

左右される部分が大きいため、影響を受けにくい部分と、

受けやすい部分があるみたいなんですよね。。

 

だから、自毛植毛した毛髪は、AGAの影響を受けることなく

正しい毛髪サイクルを刻んでいくようになるということらしいです^^

 

そう言われてみれば・・・

 

AGAは進行型とは言われますが、日本人のハゲ方は

だいたい同じで、前頭部~頭頂部っていうのが多くて、

いわゆるM字になっていくことが多いですよね。

 

治療せずにほっとくと、完全に禿げ上がる事になりますが、

治療を開始すると、大体残っているのはサイド部分と

後頭部の毛になってますもんね^^;

 

まぁ、そう考えると、全頭植毛っていうのは、

残った部分の毛を使用するという観点から、

無理なんでしょうけど、、、。

 

と、言うことで!

 

気になる部分に自毛植毛を施し、AGA薬を続けていくことで

それ以上の進行を止めてやれば、現状維持は

できるってことになりますよね^^

 

自毛植毛が受けられる全国のクリニック情報

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

男性のAGA・抜け毛対策に!

スポンサードリンク

このページの先頭へ