AGAは早期治療で治る?放っておくとどうなるの?

AGAの場合、カギを握っているのは早期発見、

早期治療ということですが、、、

 

これは、なんにおいてもそうですから、

別段不思議なことは無いんですよね^^;

 

病気の場合でも、早く発見に至ったモノは、

治りが早いし、症状も軽いってことですし^^

 

当然、AGAなどにもそれは当てはまるわけで・・・

スポンサーリンク

 

AGAは早期発見で完全に治る?

 

前回のAGAは早めの治療が肝心では、

私が以前やってた、抜け毛を数える方法とかを書きました^^

 

で、記事が長くなったんで、こっちへ追加したんですが。。

 

続きは・・・

①早期に治療を始めるとどうなるのか?

と、

②初期の治療は何がいいのか?

③進行してしまった場合はどうなる?

です^^

まず、についてですが、

AGA(男性型脱毛症)は早くに対処した場合、

その進行を食い止めることができます

 

ただ、完治はしないということ。。

 

遺伝子検査なり、クリニックなりの診断結果が

AGAの要素が高いとでた場合。

 

初期なら、AGA薬である「フィナステリド系プロペシア」か

「デュタステリド系アボルブ(アボダート)」などで、

まず進行を止めることになると思います。

 

↑これがですね。

 

場合によっては、育毛薬(発毛薬)である「ミノキシジル系」や

育毛剤なども使用することになるでしょう。

 

までが、とりあえず、これで完了。。

 

その後、、、

抜け毛が止まり、薄毛だったところに毛が生えたり、

増えたりするまでには、半年から1年近く掛かるでしょうし、、、。

 

ミノキシジルなどの説明書きにも、半年以上続けた場合、

効果が認められた、みたいに書かれてますから、

時間が掛かるのはしかたがないようですね^^;

 

の場合は・・・

進行してしまったAGAは、もはや手のつけようが無いというか、、

 

人の毛髪は、正しい毛髪サイクルを営めば100年はイケる

らしいですが、、、

 

AGAなどで、毛髪サイクルが狂い、その状態が長く続くと、

毛母細胞が分裂しなくなってしまい、完全に死滅。。

 

その後は、AGA薬や発毛薬、育毛剤などを駆使しても、

ほぼ、毛髪を取り戻すことはできないらしいです(泣)

 

だから、AGAは早期から治療を始めないと、

ハゲたままになっちゃうってことなんですね。。

 

⇒進行したAGAの治療にはコレがいいかも

 

あと・・・問題点というか、、

 

一旦始めた、薬を使った治療は、

一生、というか、自毛が無くなっても、もう問題無い、と、

思える年齢までは続ける必要があるということ^^;

 

特にAGA薬は使用をやめると、また抜け毛が

始まってしまうということです。。。

 

やばいと感じたら・・・

早期に抜け毛の原因を探り、対処することをオススメしますm(__)m

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

男性のAGA・抜け毛対策に!

スポンサードリンク

このページの先頭へ