AGAは何歳から?薬はいつまで続ければいいの?

1.AGAを発症する年齢は何歳から?

2.AGAは本当に遺伝が原因なのか?

3.AGA薬はいつまで使い続ける必要があるのか?

という疑問についてですが・・・。

 

まずは、、、

1.AGA(男性型脱毛症)は何歳から発症するのか?

 

コレに関しては、はっきりとした見解がなくて曖昧ですが、

若ハゲという言葉もあるように、AGAだけで考えるなら、

思春期の終わり頃から(18~20歳)と言われています。

 

20代前半でも、薄毛で悩まれている人が多いところを見ると、

あながち間違っていないのかも知れません。

 

※AGA薬は20歳以上でないと購入することができません

スポンサーリンク

 

2.AGAの遺伝について・・・

 

諸説あるというか、、色んな意見もあるようなんですが、

専門書等では、やはり「母方の祖父からの隔世遺伝」の

確率が比較的高く、あと、父母からの優性遺伝に

よることが多いと言われています。

 

性染色体(XY)などで、その定義が示されてたりしますけど 、

難しいので省きます^^;

 

結局、顔やカラダの特徴、遺伝的な病気なども、

親やその祖母(祖父)から受け継ぐことも多いので、

ハゲというものも、遺伝する要素が高いのは

間違いないようですね。

 

ただ、遺伝子は受け継いでいても、AGAを必ず発症

するかというと、そうでもないようなので、やはり後天的な

生活習慣や食生活なども影響するみたいです。

 

日本人のAGA発症率は3、4人に1人位らしく、

遺伝が影響するのは、その25%程度、

AGA全てが遺伝ということはなさそうですね・・。

 

3.AGA薬はいつまで続ければいいのか?

 

残念ながらコレに関しては、ハゲたくないなら続けましょう。。

という感じみたいです。

 

結局、AGA(男性型脱毛症)の原因である、

5α-リダクターゼ酵素の働きを抑制し続けないと、

進行性のあるAGAは防げないということになります。

 

ですから、、、

自分で、もうハゲてもいいという年齢になるまで、、

続けていく必要があるということですね。

 

加齢によっても毛根が弱り、薄毛が促進されますから、

納得がイクその時までは、続ける覚悟が必要なようです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

男性のAGA・抜け毛対策に!

スポンサードリンク

このページの先頭へ