AGA薬の種類と効果|AGA遺伝子検査ってどんなもの?

AGA薬と一言で言っても、沢山の種類がありますが、

有名ドコロを有効成分で分けると、結局は2種類になります^^

 

まずは、育毛外来、クリニックなどで処方されることが多い、

有効成分「フィナステリド」を使用した「プロペシア」。

 

プロペシアは5αリダクターゼ=Ⅱ型に有効とされているもので、

Ⅰ型以外にはあまり効かないとされています。

スポンサーリンク

 

もう一つは、有効成分「デュタステリド」を含む

「アボダート(アボルブ)」と呼ばれるもの。

 

こちらは、5αリダクターゼ=Ⅰ型・Ⅱ型に有効とされているもので、

その両方に効果を発揮すると言われているのと、

プロペシアよりも強力と謳われています。

 

昨今、病院にかからず、個人で、海外から安価なAGA薬を

購入されている方も多いと聞きますが、、

 

ご自分の型がⅠ型なのか?Ⅱ型なのかを知っておかないと、

せっかく購入した薬も、その効果を発揮することができませんよね?

 

そういった場合・・・

育毛外来や発毛クリニックで行っている「AGA遺伝子検査」

なるものが役に立つかもしれません。

 

 AGA遺伝子検査とは?

 

クリニックによっては、扱っていないところもあるようなので、

予め電話等で確認しておく必要もありますが、

 

費用は大体、「1万2000円~2万円」までって

ところでしょうか。

※クリニックによって異なります

 

後は・・・

自分でAGA遺伝子検査キットを購入するって手もあります。

 

こちらの値段は「1万3千円~」ってところですかね。

 

どちらで行っても、結果内容は同じと思われますが、

違うところは、医師のアドバイスを直接受けられるか

受けられないか、という感じですね。

 

自分自身で判断するのは不安、という方は、

医師のアドバイスがあったほうがいいでしょうし、、

 

自分でAGA治療を行っていくっていうのなら、

検査キットを自分で購入し、送り返されてきた検査結果を元に、

今の自分が置かれた状況を判断することができます。

 

⇒AGA遺伝子検査キットの販売先と役割とは?

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

男性のAGA・抜け毛対策に!

スポンサードリンク

このページの先頭へ